家事と勉強の挟間に…。
by powderpink1
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
profile
favorite things
study
essay
Mac
interior
life
my own work
book
sweets
タグ
検索
主人と二人暮らし。
感じたこと、好きなもの…。
とりとめのないことを綴った
メモ帳です。


管理人のwebサイト
茉莉繪の道具箱

 LINKS
大好きな建築家。
シンプルで凛とした表情の作品に憧れています。
難波和彦+界工作舎

自然志向の家作り。
素材にもこだわりを感じます。
西條インテリアデザイン

Lindaさんの上品で大人の可愛らしさに溢れたインテリアは憧れです。
心温まる日記も癒されます。
Le Vent Doux

Mikeさんの素敵な審美眼で選び抜かれた美しい逸品と、さわやかなTokyo lifeに心ときめきます。
Grazie!

ブログランキング・にほんブログ村へ

BlogPeople
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

































































































































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


いつまでも使ってみよう。
明け方、夕暮れになると急激に寒くなります。
日中は暑いので窓を開けていますが
夜はストーブを炊いてみたり。

今日は大阪の学生時代から使い続けているチェストの
ペンキ塗り替えに着手。
塗り替えは今回で三回目になります。
前回はもう10年位前になるでしょうか…。
ちょうどステンシルが流行り始めていた頃で、
私もさっそくアクリル絵の具やブラシを購入して
楽しんでいました。
ちょっとフランスっぽい感じの図案が好きでした。
その頃にチェストを白から明るいピンクに塗り替えて
チューリップの図案をステンシルしたのでした。

ちょっと小ぶりでとても使いやすく、愛着のあるチェストなのですが
その色のせいか、自室で激しく浮きまくっていたので
「いつかは塗り替えなくっちゃ」というのが、結婚以来の悲願(笑)。
ステンシルした思い出を消してしまうのはちょっぴり切ないけど
それも「チェスト延命」のため…なのだ!
 把手も付け替えたいので、今探しているところです。
c0028706_1382680.jpg


夜、コーディネーターの先輩からお電話を頂き、仕事のお話。
とっても条件の良いありがたいお話で、激しく激しく心が揺れ動きましたが
泣く泣くお断りさせて頂く。
ああ、もったいない…。
このことで後々悔いの残らないよう、必ず自分の目標を達成しようと思う 。
[PR]
by powderpink1 | 2005-09-21 12:53 | interior
<< 今着たい服と、これからの服と。 イラストレーターに挑戦。 >>