家事と勉強の挟間に…。
by powderpink1
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
profile
favorite things
study
essay
Mac
interior
life
my own work
book
sweets
タグ
検索
主人と二人暮らし。
感じたこと、好きなもの…。
とりとめのないことを綴った
メモ帳です。


管理人のwebサイト
茉莉繪の道具箱

 LINKS
大好きな建築家。
シンプルで凛とした表情の作品に憧れています。
難波和彦+界工作舎

自然志向の家作り。
素材にもこだわりを感じます。
西條インテリアデザイン

Lindaさんの上品で大人の可愛らしさに溢れたインテリアは憧れです。
心温まる日記も癒されます。
Le Vent Doux

Mikeさんの素敵な審美眼で選び抜かれた美しい逸品と、さわやかなTokyo lifeに心ときめきます。
Grazie!

ブログランキング・にほんブログ村へ

BlogPeople
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

































































































































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


わたしの吉宗、山口崇さん。
一般的には「吉宗」といえば松平健さんで、わたしも
全く異存はないのですが
「マイ ファースト 吉宗」は「大岡越前」の山口崇さんです。
気性が激しくて、負けず嫌い。
お城でゆったり構えているよりも、馬に乗って駆け回ったり
している方が好き。
そして、いつもちょっと「偉そう」にしていて、かっこよかったです。
大岡越前も、内心「やれやれ…」と思っていそうな感じ。

 以前、突然「忠臣蔵」に意味もなくはまってしまい、古い映画や
ドラマのビデオを借りまくって観た時期がありました。
仕事がかなり忙しい時期だったので、何かストレスでも
あったのかもしれません。
 その時一番面白かったのが、近藤正臣さん演じた浅野内匠頭。
やはり、気性が激しくて、癇症っぽい気短な殿をピリピリと
演じていてよかったです。
「あ〜あ、ついにブチ切れてやっちゃったんだ…」という感じで
とても「腑に落ちる」殿っぷりでした。

やっぱり殿様って、ちょっと威張ってて、生意気。
当然人の話も聞かない。
だけど時折見せる、家臣に対する思いやりと理解が心にくくて
ほろっとさせる…そんな感じが好ましい。
なので、わたしの中では「山口吉宗」がマル、なのです。

と、ここまで書いた後、本当に久しぶりに「大岡越前(20日夜の
二時間スペシャル)」を観たのですが、昔ほど、いたずらっぽい
茶目っ気は少なくなったものの、相変わらず、短気かつ
わがままな上様で、うれしかった〜。
でも、もう見おさめかも、って思ったら寂しかったです。
[PR]
by powderpink1 | 2006-03-22 08:58 | essay
<< 中原淳一さん、大好き。 アメリカ映画的「強い女性」って。 >>