家事と勉強の挟間に…。
by powderpink1
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
profile
favorite things
study
essay
Mac
interior
life
my own work
book
sweets
タグ
検索
主人と二人暮らし。
感じたこと、好きなもの…。
とりとめのないことを綴った
メモ帳です。


管理人のwebサイト
茉莉繪の道具箱

 LINKS
大好きな建築家。
シンプルで凛とした表情の作品に憧れています。
難波和彦+界工作舎

自然志向の家作り。
素材にもこだわりを感じます。
西條インテリアデザイン

Lindaさんの上品で大人の可愛らしさに溢れたインテリアは憧れです。
心温まる日記も癒されます。
Le Vent Doux

Mikeさんの素敵な審美眼で選び抜かれた美しい逸品と、さわやかなTokyo lifeに心ときめきます。
Grazie!

ブログランキング・にほんブログ村へ

BlogPeople
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

































































































































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


春も涙の甲子園。
今日は雨で試合がひとつ、中止になりましたね。

一昨年から、本当に久しぶりに高校野球を
見始めています。
去年の夏、といえば「関西のダース君」の号泣を
思い出すのですが。
それにしても、みんなよく泣くようになったなあ…
と思います。
前にも同じようなこと、書いたような気もするのですが。

昔は夏と比べて春の選抜で泣く子は
さらに少なかったような気がします。
わたしたちの世代は、クールに振舞うのが
「カッコイイ」という時代だったんでしょうか。
「負けても爽やかな笑顔」というのがウケてたみたいです。
…結局ネット裏では号泣していたから
かわいいんですけど。

WBCを「大人の甲子園」と表現していたキャスターも
いましたっけ。
イチローも本当は甲子園に出て「負けたらおわり」の死闘
やりたかったのかもしれませんね。

WBCで長年の野球小僧の夢がかなった…
そういうことかもしれない、とふと思ったり。

北海道の春はもう少しだけ、先です。
c0028706_160455.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-28 16:02 | essay
<< たまには大粒納豆で。 東ハト「オールパイン」。 >>