家事と勉強の挟間に…。
by powderpink1
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
profile
favorite things
study
essay
Mac
interior
life
my own work
book
sweets
タグ
検索
主人と二人暮らし。
感じたこと、好きなもの…。
とりとめのないことを綴った
メモ帳です。


管理人のwebサイト
茉莉繪の道具箱

 LINKS
大好きな建築家。
シンプルで凛とした表情の作品に憧れています。
難波和彦+界工作舎

自然志向の家作り。
素材にもこだわりを感じます。
西條インテリアデザイン

Lindaさんの上品で大人の可愛らしさに溢れたインテリアは憧れです。
心温まる日記も癒されます。
Le Vent Doux

Mikeさんの素敵な審美眼で選び抜かれた美しい逸品と、さわやかなTokyo lifeに心ときめきます。
Grazie!

ブログランキング・にほんブログ村へ

BlogPeople
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

































































































































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
暮らしのペースメーカーにブログを。
3月は、特に忙しい日を除いて
毎日ブログを書いてみようと、決めていました。

「一日一ブログ月間」

日々のルーティンワーク…毎日こなしている
様々なworkのひとつ、として組み込んでみよう
という試みでした。

実際始めてみて…
「ネタ」に悩むこともなく
また、自分のブログの「かたち」のようなものも
だんだんわかってきて、やってみてよかったです。

フェリシモの購入者プレゼント「万国ミニノート」。
いただいた当初は「また使えないものを…。」と
思っていましたが、なんとなく思いついたこと
感じたことを、ささっと書き留めるのに
とっても役に立っています。
「わたしのブログネタ帳」って言えるかも。
おかげで1か月、楽しく更新出来ました。
c0028706_21275158.jpg

「一日一ブログ」、もう少し続けてみようかな。
[PR]
by powderpink1 | 2006-03-31 21:29 | essay
今年も観てしまった…関西高校の涙。
3/28で関西のダース君の涙の事を書いていたら…
今年の春もまた…見せてくれました…。

去年の「熱闘甲子園」の映像で
「先輩達に申し訳ない…」と言って泣き崩れていた
ダース君だったけど
今年の春は痛恨の大エラーをしてしまった
背番号9の子が…もう大変なことに。

男子高ならではの熱い友情と人間関係が
感じられて(決してヘンな意味ではない)
もらい泣きですよ。

もう関西高校、わたしの中で好感度最大、マキシマム!

これから夏まで、彼らを応援することに決めました。

試合終了後、甲子園の空には、はらはらと雪が。
こちら北海道もまた、雪空、曇り空です。
c0028706_19535917.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-30 19:55 | essay
たまには大粒納豆で。
幼い頃は大嫌いだった納豆ですが
大人になってからは、おいしく感じるように
なりました。

水戸の小粒納豆が一番好き。
だけど地元の企業で作っている、ちょっと粒が大きめな
納豆も、捨てがたい魅力があります。

「大豆を食べてる〜」という実感がするのです。

可愛いパッケージの納豆を見つけました。
なんにも狙っていなさそうな、潔さがいいな、って。
手のひらサイズの大きさも可愛い。
札幌のマルカワ食品の製品です。
c0028706_21554014.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-29 21:48 | life
春も涙の甲子園。
今日は雨で試合がひとつ、中止になりましたね。

一昨年から、本当に久しぶりに高校野球を
見始めています。
去年の夏、といえば「関西のダース君」の号泣を
思い出すのですが。
それにしても、みんなよく泣くようになったなあ…
と思います。
前にも同じようなこと、書いたような気もするのですが。

昔は夏と比べて春の選抜で泣く子は
さらに少なかったような気がします。
わたしたちの世代は、クールに振舞うのが
「カッコイイ」という時代だったんでしょうか。
「負けても爽やかな笑顔」というのがウケてたみたいです。
…結局ネット裏では号泣していたから
かわいいんですけど。

WBCを「大人の甲子園」と表現していたキャスターも
いましたっけ。
イチローも本当は甲子園に出て「負けたらおわり」の死闘
やりたかったのかもしれませんね。

WBCで長年の野球小僧の夢がかなった…
そういうことかもしれない、とふと思ったり。

北海道の春はもう少しだけ、先です。
c0028706_160455.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-28 16:02 | essay
東ハト「オールパイン」。
パッケージがなんだかとっても可愛らしくて
つい、購入してしまいました。

デザイナーさんの勝利、ですね。

お味はというと、ソフトかつ、ドリンク必須の
粉っぽさは従来の「オールレーズン」とおんなじ。
自然な甘みで、牛乳と一緒に食べる軽食に
いいかも、って思いました。
c0028706_12161816.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-27 12:18 | sweets
「レンジでつくるスパゲッティ」、使ってみました。
ずっと買うのに躊躇していたのですが
ちゃんと普通に茹であがりました!
今までひとり分茹でるのにも、パスタ用の大鍋を使っていたので
この効率の良さはうれしいです。

主人が単身赴任中で、ひとりごはんの多いわたしには
ありがたいヘルパーです。
c0028706_9511353.jpg

クレハ・キチントさんキッチンシリーズ
[PR]
by powderpink1 | 2006-03-26 09:53 | life
CONRAN SHOPからのお知らせ。
2006年のカタログが出来たそうです。
1000円はちょっと高いけど、そうそう東京には行けないし
なんといってもカタログを眺めるのは大好きなので
今年も注文することにしました。

そういえばhabitatを作ったのもコンラン卿だったような。
昔、西武デパートで大々的に扱っていました。
その後の「無印良品」の流れに繋がっているような気もします。
c0028706_8284543.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-25 08:29 | interior
インテルのCMが気になります。
インテルのCMってどれも面白いのですが
深津絵里ちゃんが首に犬を巻いちゃう編のお部屋が気になって
いつも凝視してしまいます。
アメリ風にプリンセスハウス的風味もあるし、エントランスの
お花の壁紙、フレームが飾ってある感じも可愛い。
ああいう「リカちゃんハウス」的お部屋は、観てて楽しい。
ゆったりと落ち着いていて、静謐な空間が好き。
でも、居るだけで心が浮き浮きして、楽しくなっちゃう空間にも
心が動かされます。
コージーコーナーという言葉もあるけれど、ホテルのような
シンプルかつコンビニエントな空間に癒される人もいれば
ちょっとごちゃついていて、色もまちまちなインテリアの方が
安らげる人もいるでしょうし、十人十色。

リカちゃんハウスの博覧会
藤森照信さんと石山修武さんを交えた対談、隈研吾さんが文を寄せる
など、見かけによらず、読みごたえあります。
要はリカちゃんハウスから、昭和住宅史を俯瞰しようという趣旨。
でもって、インテリアの参考には、全然ならない本です。
c0028706_1046741.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-24 10:46 | interior
MY FIGURE SKATE ALBUMが届きました。
アマゾンに予約していた待望のMY FIGURE SKATE ALBUM
やっと届きました〜。
オリンピックの時のときめきと緊張感がよみがえってきて…
トゥーランドットはまさに荒川静香さんが使った楽曲そのもので
ため息。
本当に久しぶりに「買ってよかった。」と言えるアルバムになりました。
 以前はこういう時流に合わせたっぽいCDや本は買わずに
やせがまんしていたけれど、おかげですこし損をしていたかも。
「いいな」と思ったらすぐ飛びついて、自分に取り入れちゃう
瞬発力も大事ですよね。
本や音楽については、そろそろ自分の選択を信じてもいい頃かなって
思います。
…その他については、なにもかも修行の真最中ですが。

「ロミオとジュリエット」が入っていないのがちょっと残念だけど
いつ聞いても邪魔にならないし、モチベーションも上がりそうで
本当によかったです。
c0028706_10382538.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-23 10:38 | favorite things
中原淳一さん、大好き。
うんと幼い頃、母が持っていた洋裁、手編みの本の中で
1冊だけ、イラストで書かれていた本がありました。
中原淳一さんの本です。
すでにモデル着用写真で構成されていた本ばかりの中、
その1冊は不思議な魅力を強烈に放ちつつ
若干の古くささを感じたものでした。
 その後、少女時代に好きだった内藤ルネさんつながりで
中原淳一さんも、自然に好きになってゆきました。
 以前からポチ袋を少しづつ集めているのですが
その中で「いせ辰」製のものの大半が、中原さんの
デザインだと知って、とても嬉しく感じたり。

 後期の朝丘ルリ子さん似の、大人の女性のイラストは
あまり好みではありません。
ですが、当時の朝丘さんの美しさは輝くばかりだったので
仕方がないかも。
朝丘さんを見いだしたのも、中原さんですし。

素敵で可愛いイラストレーター、人形作家であり
暮らしを楽しむ女性文化の礎を作ったひと。
ファッション業界、そして少女漫画界においても
はかりしれない影響を与えた、中原淳一さん。
同時代ではないのに、懐かしさと愛着を覚えてやみません。

向かって前列が中原さんデザインのものです。
後列の丹青堂製の子守りをする少女のものも、とても
気に入っています。
c0028706_9191155.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-22 09:22 | favorite things