家事と勉強の挟間に…。
by powderpink1
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
profile
favorite things
study
essay
Mac
interior
life
my own work
book
sweets
タグ
検索
主人と二人暮らし。
感じたこと、好きなもの…。
とりとめのないことを綴った
メモ帳です。


管理人のwebサイト
茉莉繪の道具箱

 LINKS
大好きな建築家。
シンプルで凛とした表情の作品に憧れています。
難波和彦+界工作舎

自然志向の家作り。
素材にもこだわりを感じます。
西條インテリアデザイン

Lindaさんの上品で大人の可愛らしさに溢れたインテリアは憧れです。
心温まる日記も癒されます。
Le Vent Doux

Mikeさんの素敵な審美眼で選び抜かれた美しい逸品と、さわやかなTokyo lifeに心ときめきます。
Grazie!

ブログランキング・にほんブログ村へ

BlogPeople
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

































































































































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
額装しましょ。
昔からなんでも額に入れて飾るのが好き。
カメラ屋さんに売っている安価なフレーム、雑貨屋さんで見つけた
ちょっと凝った写真立てなど、いろいろ自分で工夫して楽しんで
いたのですが、最近は額縁屋さんにマットを切ってもらったりしています。

お免状や証書も普通の賞状額ではちょっと…なので額装しています。
ほとんど人目に触れない自室に置いての、完全なる自己満足。
しまいこんじゃうよりいいし、ね。
c0028706_2355392.jpg


パリのアンティークショップのショウウィンドウって、椅子1脚だけ、とか
額縁のみぽつんと置いてあるだけなのに、ものすごく威圧感を
感じたりしますよね。
とっても素敵なんですけど、扉を押すのに躊躇するような…。
そのあたり,京都の老舗の店先と似ているのかも。
あの空気感はどうやって出るんだろう。
ちょっとひんやりとした、スノッブなディスプレイの秘密って…。
シンプルとゴージャスの両立なんてすごすぎます。
[PR]
by powderpink1 | 2006-03-08 23:13 | interior
荒川静香さんの表紙。
「女王の威厳と品格」を感じる人です。
記念買い。
c0028706_205699.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-07 20:56 | book
早く春が来ないかな。
きれいな青空をパチリ。
もっともっと暖かくなあれ。
c0028706_3594310.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-07 04:00 | essay
戦隊モノはいい!
自分の中のやんちゃ心、ちょっと男の子ちっくな心を
激しく刺激されますね。
「アバレンジャー」の時から気になって時々観ていたのですが
「マジレンジャ−」で、はまってしまいました。
日曜の朝からドキドキをいただいています。
「ウルトラマンなんとか(名前失念)」もたま〜に
観ています。
こちらはどこか品の良い感じ。
シックなんですよ…。
やはり老舗のプライドでしょうか。
車に例えればメルセデスかなあ。
なにか独特の「哲学」を常に念頭に置きながら作っている…
職人魂のような。
といっても、いつも観ているわけではないので
本当のところは、よくわからないのですが。

とにかく、今の「ボウケンジャー」も、これから面白くなっていくと
いいなあ。

冷蔵庫にフライヤーを貼っちゃいました。
c0028706_2073126.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-03-05 20:07 | essay
ディアゴスティーニ…。
Booksのページ、更新しました。

…実は押し入れの一角に多大なスペースを占めている
ある「もの」があります。
全巻コンプリートしたその名も高き(?)ディアゴスティーニの
「マイ・ドール・ハウス」の一山です。
c0028706_13555733.jpg

わたしの場合、本館とそれに隣接するサンルーム
そしてオプションのアンティークショップまで全て購入
したので、合計すると…恐ろしい金額に。
はい、まったくの手つかずでございます。
時々むらむらと「そろそろ作ってみようかしら。」と
思ったりもするのですが、以前は「仕事が忙しいから」。
その後、学校で本物の家を建てたり、柱を削ったりして
いるうちに、ますますやる気は失せてしまい
現在に至っています。
老後の楽しみ、になってしまうのかなあ。

もともとミニチュアは大好きで、それまでも時々
小さな家具を作っては楽しんでいたのですが
(Favorite thingsの入り口参照)
あまり大きなものを抱えると、かえって全く手出しが
出来なくなってしまうものなんですね。
[PR]
by powderpink1 | 2006-03-03 14:10 | book
収納…捨てるか、貯めるか。
最近、というかもうかなり以前から
「物を捨ててシンプルに暮そう!」という
収納術(?)の本がいろいろ出てますよね。
収納のテクニックをこと細かに磨くより
いっそさっぱりしちゃえ、という啓蒙本だと
思うのですが…。
かくいうわたしも、とっても影響を受けやすい
性質ですので、その手の本をいろいろ購入して
かなり真面目に実践、というか「実験」して
みました。

結果は…。
個人が生活において「捨ててよいもの」と
「捨てちゃいけないもの」というのは
それぞれ違う、と思うのですよ。
例えば「本は思い切って捨ててもあまり後悔
しないけど、思い出の服は絶対捨てられない人」
もいるでしょうし、その逆もあり。
最終的にはその辺りの見極めが出来るようになれば
いいと思う。
わたしも以前は「本はこの棚に入るだけの量を
キープ」とか、やっていました。
服も同様。
で、思い切っていろいろ処分してみて、後悔したり
すっきりとした気分になったり…。
今は、かなり自分にとって捨てちゃいけないアイテムと
なるべく徹底して捨ててしまってもいいアイテムが
感覚的にわかるようになっています。
まだまだ修行中ですが。

大胆に捨てるか、さもなければ大胆に貯め込むか。
コレクションも中途半端じゃつまらないですよね。
でも無駄なものをいつまでもお部屋に置いておくのは、いや。
メリハリつけて収納するようにしています。
[PR]
by powderpink1 | 2006-03-03 13:46 | interior
わたしのipod。
4年ほど前に買った第二世代ipodが
最近やっと日の目を見ています。
OS9対応最後のipodで、当時OS9.22で
ふんばっていたわたしは、後継機種が
OSXのみ対応になったことを知り、大慌てで
購入に走りました。
現在、豊富にあるipod周辺機器群から
思いっきりスルーされている機種でもあります。
そう、dockがついてないんです…。

元来、音を連れて歩く習慣はないので
ずっと、ほぼ放置していたのですが
家事をしている時に、エプロンのポケットに入れて
使ってみたら、とっても快適。
ヘッドホンの作る世界っておもしろいです。
自由に動くことができるわたしなのに
音楽空間だけが閉ざされている感覚。
この密着感にすっかりはまってしまいました。
今だ使い方もよく把握していないままに。

デザインもジョグダイアルの彫刻的な感じが
気に入っています。
…といっても購入直後その質感を、自ら台無しに
してしまったのですが。
c0028706_131968.jpg

こうの早苗さんの小花プリントをスキャンして、ラッピング
しています。
この頃は本当に可愛いものが好きだったんですね。  
もちろん今も好き。
かなり控えめにしていますけれどね。

ちなみにipod用のケースは2種類用意するのが
おすすめです。
普段の実用的なものと、おめかし用。
[PR]
by powderpink1 | 2006-03-01 13:05 | Mac