家事と勉強の挟間に…。
by powderpink1
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
profile
favorite things
study
essay
Mac
interior
life
my own work
book
sweets
タグ
検索
主人と二人暮らし。
感じたこと、好きなもの…。
とりとめのないことを綴った
メモ帳です。


管理人のwebサイト
茉莉繪の道具箱

 LINKS
大好きな建築家。
シンプルで凛とした表情の作品に憧れています。
難波和彦+界工作舎

自然志向の家作り。
素材にもこだわりを感じます。
西條インテリアデザイン

Lindaさんの上品で大人の可愛らしさに溢れたインテリアは憧れです。
心温まる日記も癒されます。
Le Vent Doux

Mikeさんの素敵な審美眼で選び抜かれた美しい逸品と、さわやかなTokyo lifeに心ときめきます。
Grazie!

ブログランキング・にほんブログ村へ

BlogPeople
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

































































































































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
今さらですが、シャビーシック。
もうブームも落ち着いた感ありのシャビーシックですが
先日もその手の洋書を、つい購入してしまいました。

本当に好きなんですよね〜。
甘いプリントのファブリックとちょっと痛んだ塗装、錆などなど…。

そのまま日本で取り入れるには、ちょっと違和感がありますが
使い古された昭和の家具や、業務用のキャビネットなんかを
上手にインテリアに取り入れるのも、今では珍しいことでは
なくなってきた…そんな動きを後押ししたのが
シャビーシックだったと思います。

アンティークショップで購入するのも、もちろんいいけれど
祖父母や両親が使っていた前時代の家具や生活用品に
価値を見つけ、楽しんで使うのって、本当に素敵なこと。
c0028706_2149432.jpg

c0028706_21501177.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-04-06 21:51 | interior
森永「LA DONNA」。
単なるスーパーで売ってるチョコなのに
パッケージで必死に高級感を演出している姿に
いじらしさを感じて購入。

案の定、味はごく普通のホワイトチョコレート。
薄い形状イコール上質、なのでしょうか?
チョコレート好きには物足りなさを感じると思います。

スーパーのホワイトチョコなら同じ森永のダース
一番好き。
c0028706_21232838.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-04-04 21:24 | sweets
松本竜助逝去で思うこと。
「紳・竜」といえばヤンキー漫才で世の中に出たんですけど
(その後「ヤンキーズ」とか「ぎんじ・れいじ(でしたっけ?)」等
が出たけどブレイクには至らなかったみたい。「ハイヒール」は
そういった流れの女性版で、これは成功した。)
紳介のあの顔…どうみてもお茶の間にはそぐわない顔つきを
可愛いベビーフェイスとあどけない笑顔で中和していたのが
竜助だったと思います。

才能は…紳介が言うように、なかったのでしょう。
才能があれば、横山ノックに「捨てられた」後の
上岡龍太郎のように「阪神ファンのタレント」として
関西で雌伏、横山やすしと入れ替わるように
「毒舌・本音タレント」として全国でブレイク、なんてことも
ありうるわけですけど、これはやっぱり希有な例なのでしょうね。

芸人の世界…。
華やかだけど、特別な世界。
一般市民とはちょっと違う、別のルールで
生きている人達なんだな、と。
四年間の大阪生活で知ったことのひとつです。
c0028706_21573674.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-04-03 21:58 | essay
前川國男…その建築家としての矜持を感じ、思ったこと。
昨夜、NHKETV特集が前川國男さんのお話でしたので
居住まいを正し(?)、しっかり観てみました。
雑誌「住む。」でもお馴染みの松山巌さんが案内役でした。

「人のために良い物を作ろう」という使命感と。
青年のような清々しい「青さ」と。

まだ今ほど評価が定まっているわけでもなかったであろう
コルビジュエの弟子になるべく渡仏したお方。
当時としては希有な選択力、眼力、行動力ですよね。
あまりに偉い人すぎて、今までは本でさっと撫でるくらいの対象でしたが
もう少し深く前川建築のこと、知りたいと思いました。

もうかなり以前から、ひとつのジャンルとして
語り続けられている「男の逸品、一流品」。
腕時計、喫煙具、靴、高級文具、多工程が自慢のスーツなどなど。
ここ数年、どうやら女性の側からの逸品、良品が幅広く
語られる時代になってきて、本当に楽しみです。
「モノ語り」はずっと男性の専売特許という感だっただけに
うれしい。

そういう時代なのに、「まだまだわたしは、なにかにつけ甘い。」と
反省。
ルパン三世のゴエモンの台詞を真似れば
「またつまらないものを買ってしまった…」という憂鬱はもう、いやだなあ。
もの作りでも、ものを選ぶ時でも、「もう一押し」真剣に対峙してみよう。

雪の中に埋もれていても、消防士さんがすぐわかるように
目印の棒を背負わされた、消火栓。
もう、はずしてもいいと思うんですけど。
c0028706_21135675.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-04-02 21:09 | essay
「おとな勉強」の密やかな楽しみ。
最近、英語の再勉強を始めました。

あれ…?
得意教科だったはずじゃなかったっけ?

背中に戦慄が走る日々が続いています。
長年自分を偽って生きてきたのでしょうか?

ちょっとしたスペルチェックや語意を
さっと調べるだけなら
電子辞書はとても便利なのですが
用例や熟語、用法をじっくり調べる時は
紙の辞書の方が、だんぜん使いやすいです。
「慣れ」というのもあるかもしれないけれど。

研究社の新英和中辞典を愛用しています。
さらっとした手触りの革装を選びました。
表面がいい感じにヤレてくるまで、使い込めたらいいな。
「大人勉強」ならではの、ささやかな贅沢です。
c0028706_21385446.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-04-01 21:43 | study