家事と勉強の挟間に…。
by powderpink1
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
カテゴリ
profile
favorite things
study
essay
Mac
interior
life
my own work
book
sweets
タグ
検索
主人と二人暮らし。
感じたこと、好きなもの…。
とりとめのないことを綴った
メモ帳です。


管理人のwebサイト
茉莉繪の道具箱

 LINKS
大好きな建築家。
シンプルで凛とした表情の作品に憧れています。
難波和彦+界工作舎

自然志向の家作り。
素材にもこだわりを感じます。
西條インテリアデザイン

Lindaさんの上品で大人の可愛らしさに溢れたインテリアは憧れです。
心温まる日記も癒されます。
Le Vent Doux

Mikeさんの素敵な審美眼で選び抜かれた美しい逸品と、さわやかなTokyo lifeに心ときめきます。
Grazie!

ブログランキング・にほんブログ村へ

BlogPeople
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

































































































































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:建築 ( 2 ) タグの人気記事
前川國男…その建築家としての矜持を感じ、思ったこと。
昨夜、NHKETV特集が前川國男さんのお話でしたので
居住まいを正し(?)、しっかり観てみました。
雑誌「住む。」でもお馴染みの松山巌さんが案内役でした。

「人のために良い物を作ろう」という使命感と。
青年のような清々しい「青さ」と。

まだ今ほど評価が定まっているわけでもなかったであろう
コルビジュエの弟子になるべく渡仏したお方。
当時としては希有な選択力、眼力、行動力ですよね。
あまりに偉い人すぎて、今までは本でさっと撫でるくらいの対象でしたが
もう少し深く前川建築のこと、知りたいと思いました。

もうかなり以前から、ひとつのジャンルとして
語り続けられている「男の逸品、一流品」。
腕時計、喫煙具、靴、高級文具、多工程が自慢のスーツなどなど。
ここ数年、どうやら女性の側からの逸品、良品が幅広く
語られる時代になってきて、本当に楽しみです。
「モノ語り」はずっと男性の専売特許という感だっただけに
うれしい。

そういう時代なのに、「まだまだわたしは、なにかにつけ甘い。」と
反省。
ルパン三世のゴエモンの台詞を真似れば
「またつまらないものを買ってしまった…」という憂鬱はもう、いやだなあ。
もの作りでも、ものを選ぶ時でも、「もう一押し」真剣に対峙してみよう。

雪の中に埋もれていても、消防士さんがすぐわかるように
目印の棒を背負わされた、消火栓。
もう、はずしてもいいと思うんですけど。
c0028706_21135675.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2006-04-02 21:09 | essay
これからのこと。
 私が学校に通うことに、主人が積極的なのが
とてもうれしい。
今しか出来ないこと…Macのプチ改造と家具の
ペンキ塗り替えが終わったら、手続きを始める
つもり。
ひとつひとつ片付けていこう。
c0028706_224486.jpg

 5.1chサウンドシステムをついに導入しました。
設置がとても簡単なniro400は賃貸マンションに
ぴったり!
音も十分過ぎる位の大迫力でした。
テレビの上に置くだけのサテライトスピーカー。

 DVDは建築系のものを少しずつ集めていましたが
どれも残念ながら5.1chには非対応。
これから素敵な名画のDVD…こつこつ集めてゆきたいな。
c0028706_2423918.jpg

[PR]
by powderpink1 | 2005-07-25 11:42 | life